平成30年度 平成会 防火管理実務研修会

2018年10月18日(木)郡山商工会議所及び郡山消防署にて、「平成30年度 平成会 防火管理実務研修会」が行われました。

安全・安心で信頼される施設運営を推進するため、リスクマネジメント能力向上と適正な防火管理業務の強化を図ることを目的とし、福島県会津美里事業部・会津事業部・郡山事業部、宮城県仙台事業部、そして社会福祉法人平成会から各施設管理職や防火管理者32名が集まりました。

山内理事の開講挨拶から始まり、

伊東参与より「過去の類似火災と防火管理について」のご講義、

そして個々のリスクマネジメント能力を強化するため、「危機管理能力トレーニング」で緊急時を想定したイメージトレーニングを行いました。それぞれ施設形態が違う中で、自分の事業所を想像しながら、時間ごとの緊急時対応をイメージできたようです。

午後からは会場を郡山消防署へ移し、施設管理者実務研修を行いました。

郡山消防署:吉田署長よりご挨拶頂き、

その後は私たちの現場に則した、高齢者施設における講義や訓練を開催頂きました。

電気機器の出火メカニズムや地震・煙中体験

高齢者施設を想定した救助・消防訓練を見学させて頂くなど、充実した時間を過ごすことが出来ました。

中でも通信指令室を見学させて頂いた際は、自施設からの119番通報訓練を実際に行い、その通信指令システムの動きを目の前で見るという、普段経験することのできない体験をさせて頂きました。

最後は郡山消防署:藤田副署長より総評頂き、

堀川事業部長代行の閉講挨拶にて、無事終了しました。

お忙しい中、私たちの為に研修会を催して下さった郡山消防署の皆様、大変貴重な経験をさせて頂き、誠にありがとうございました!

それぞれの地域で施設運営をしている幹部職員が、改めてリスクマネジメントの重要性と防火管理業務の強化が必要であるか、身に染みて感じることが出来た研修会となりました。今後は自施設だけではなく、地域を含めた安全・安心な施設運営を目指して、日々精進していきたいと思います。

(2018年10月29日 医療法人社団平成会 平成会 法人事業本部 総務部 林弘樹)

カテゴリー:お知らせ

コメントは受け付けていません。