(新規事業) ファンコート厚木 工事進捗状況報告

神奈川県厚木市に建築中であります「ファンコート厚木」の現在の工事状況をご報告致します。


定例の工程会議は、これまで計3回開催しており、工事の進捗確認をはじめ、厨房機器や浴室のレイアウト検討、基本設計の微調整等を進めており、当法人の考え方と、施工側の考え方にズレが発生しないよう、入念な意見のすり合わせを行っています。


こちらは現在の現場の状況です。
前回のブログでお伝えした時よりも、現場では一気に作業が進み、建物の形(広さ)が概ね分かるようになってきました。ブログでその広さをお伝えしきれないのはとても残念ですが、とにかく広い建物です。
現場の担当者としては、大変プレッシャーのかかる広さです。(^_^;)


工事を進めるにあたり、安全面の確保は重要です。
私達も、実際の現場に入り、工事の進捗確認を行う際には、ヘルメットと軍手を着用し、現場へ向かいます。
小野里工業さんのご配慮もあり、私専用のヘルメットも準備していただきました。小野里工業さんありがとうございます。


こちらの写真は、今回湖山医療福祉グループで初めて採用する壁工法の写真です。
昨日、グループで初めて採用する壁工法の一部が現場に届きましたので、山内経営理事、矢作顧問にも現場にお越しいただき、壁工法の実物をご確認していただきました。(高気密性の両面断熱コンクリート工法)


↑パース(完成予想図)

来月には、1階部分の高さが見えてくる計画で工事は進んでいきます。
少しずつ、形となってくる施設を、これからもブログを通じて、皆様にご報告させていただきます。

(平成27年3月13日 医療法人社団 平成会 神奈川事業部 佐々木和之)
カテゴリー:お知らせ

コメントは受け付けていません。